洋画について語りましょう

洋画を見よう!

洋画には、素晴らしい作品が数多くあります。
映画館でも洋画が放映され、日本ではたくさんの洋画が放映されています。
また、その作品はDVDとなりレンタルショップなどで借りれる事が出来きご自宅で洋画を好きな時間に見る事が出来ますよね。
週末になると、たくさんの方が洋画を借りにレンタルショップへ足を運んでいるようですよ。

この洋画で世界興行収入の一番を記録している洋画は何だと思いますか?
想像してみて下さい。

その作品というのが、1997年に公開されたタイタニックが有名です。
このタイタニックは、とても注目が集まり映画館にたくさんの方が訪れました。
タイタニックの船の先頭で主人公が手を重ねるシーンは、とても有名ですよね。

洋画には、邦画とはまた違った雰囲気が感じられる作品が多いです。
洋画を見るのに、吹替えではなく字幕が一番!だと言う方も多いでしょう。
その作品を演じている俳優さんの、生の声が聞けた方がその作品の雰囲気が出ますよね。吹替えも雰囲気が出ていますがやはり字幕で本人の声を聞いた方が私は好きですね。

また洋画で素晴らしい作品には、映画賞が与えられます。
世界でも一番古い映画賞と言えば、ヴェネチア国際映画祭でしょう。
このヴェネチア国際映画祭は、毎年8月末から9月初旬にかけてイタリアで開催がされいる映画祭で有名です。
このヴェネチア国際映画祭は、世界三大映画祭のひとつに当たります。
そして、1927年にはアカデミー賞が創立されました。

映画を作っている監督や脚本家、そして俳優人にとってはとても名誉な賞なのです。

 

好きな映画は何だろう

色々あるなあ。

 

最初に感動したのは「トップ ガン」。トムクルーズは大好き。
日本好きなのがよくわかる素晴らしい人。
ラストサムライもいいなあ。小雪さん結婚しちゃたけど、演技は最高。

 

「勝元役の選考に当たっては、渡辺謙以外に役所広司も有力候補であったという。本作品においては、勝元は英語も話せる立場である事がキーとなっている。オーディションが行なわれた時点では、渡辺謙は英語が満足に話せなかった。そのため渡辺は、オーディションに合格してから英会話を特訓した。その甲斐あって、現在では英会話に関しては通訳無しで意思疎通ができるレベルに到達し、それ以降の作品(『SAYURI』や『硫黄島からの手紙』、『インセプション』など)でも英語力を生かした演技をこなしている。」・・・引用Wikipedia

 

なるほどね。。渡辺謙さん、素晴らしい。会いたい。。

 

ブルースウイルスも大好き。ダイハードシリーズは最高!!

 

ランボーシリーズもいいなあ。ロッキーシリーズもいい。シルヴェスター・スタローンも最高。

 

シュワちゃんもいいねえ。なんだっけ、あの、、工作員のやつ。何度見ても飽きない。。トゥルーライズだ!イレイザーもいい。

 

沈黙の戦艦は誰だっけ?日本に住んでいたこともある、合気道の達人・・・スティーヴン・セガールだ!

 

日本映画だけど宮崎駿さんの作品もいい。一番好きなのは「ルパン三世のカリオストロの城」。
他にもハウルもいいし・・・キムタクって、何であんなんいかっこいいのか、少し分けて!

 

いいなあ、映画の世界。

邦画だって素晴らしい!

 

邦画だって素晴らしいですよね。最近特に思います。

 

お気に入りはルパンのカリオストロの城。何度見ても飽きない。
クラリス最高。かわいい。。最近ああいう子がいないんだよね、さみしい限りです。

 

トトロもいいなあ。歩きたくなる。。

 

他にもいっぱいあるけどね。

 

最近ハマったのが「闇金うしじまくん」。
トゴの利息。10日で五割なんて恐ろしい世界。年利計算すると1825%になるのかな。
でも、それでも助かる人はいると思う。
審査の甘い消費者金融も最近少なくなったから、闇金が流行るよね。

 

ソフトヤミ金やファクタリングと銘打った金融屋さん。
手形振り出しで、長くて一カ月。手数料名目の5%が低い方かな。
利息に換算すると、年利60%ダカラトゴよりいいけどね。

 

映画の話から離れてしまった。

 

闇金うしじまくんの登場人物が最高。
シーズン1〜3までテレビで見て、スクリーンでも見たけどいい味出してるよね。

 

映画行きてえ〜〜〜っ!!!