洋画について語りましょう

洋画を見よう!

洋画には、素晴らしい作品が数多くあります。
映画館でも洋画が放映され、日本ではたくさんの洋画が放映されています。
また、その作品はDVDとなりレンタルショップなどで借りれる事が出来きご自宅で洋画を好きな時間に見る事が出来ますよね。
週末になると、たくさんの方が洋画を借りにレンタルショップへ足を運んでいるようですよ。

この洋画で世界興行収入の一番を記録している洋画は何だと思いますか?
想像してみて下さい。

その作品というのが、1997年に公開されたタイタニックが有名です。
このタイタニックは、とても注目が集まり映画館にたくさんの方が訪れました。
タイタニックの船の先頭で主人公が手を重ねるシーンは、とても有名ですよね。

洋画には、邦画とはまた違った雰囲気が感じられる作品が多いです。
洋画を見るのに、吹替えではなく字幕が一番!だと言う方も多いでしょう。
その作品を演じている俳優さんの、生の声が聞けた方がその作品の雰囲気が出ますよね。吹替えも雰囲気が出ていますがやはり字幕で本人の声を聞いた方が私は好きですね。

また洋画で素晴らしい作品には、映画賞が与えられます。
世界でも一番古い映画賞と言えば、ヴェネチア国際映画祭でしょう。
このヴェネチア国際映画祭は、毎年8月末から9月初旬にかけてイタリアで開催がされいる映画祭で有名です。
このヴェネチア国際映画祭は、世界三大映画祭のひとつに当たります。
そして、1927年にはアカデミー賞が創立されました。

映画を作っている監督や脚本家、そして俳優人にとってはとても名誉な賞なのです。